2005年07月30日

トリコモナス・カンジダ症(膣炎)を自宅で検査(女性のみ)




■トリコモナス・カンジダ・クラミジア・淋菌 郵送検査キット


【膣トリコモナス症ってどんな病気?】
●膣トリコモナス症の感染者は圧倒的に女性が多いです。

●膣トリコモナス症は若年層に増加が見られ
 ピンポン感染(カップルの間で感染を繰り返すこと)にも
 注意が必要です。

●膣トリコモナスとは原虫です。
 肉眼で見分けることができない原虫(ゾウリムシのようなもの)が
 性器に入り込み炎症を起こします。

●男性は尿道に感染した場合などは
 排尿により洗い流されることもあります。

●性行為以外からの感染も。
 膣トリコモナス症は性行為による感染が主ですが
 下着・タオル・便器・浴槽での感染の可能性もあります。
 性交経験のない女性や幼児にも感染することがあります。


【膣トリコモナス症の症状】

男性は主に尿道が感染。精嚢・前立腺に寄生することも。
ほとんど症状が出ることがありませんが
まれに尿道炎の症状がでます→尿道からのウミ・排尿痛

女性は膣だけでなく子宮頚管・尿道・膀胱へも感染。
泡状の悪臭の強いおりものの増加
外陰部や膣のの強いかゆみ・痛み

放っておくと炎症が卵管まで進み
不妊症や早産・流産をまねく危険性もあります。


ただし、症状のない感染者は20%〜50%とも言われています。


【性器カンジダ症ってどんな病気?】
●性器カンジダ症は女性特有の疾患です。
 成人女性の約10%・妊婦の約30%にカンジダ菌の膣内感染が
 認められたとの報告があります。
 カンジダ菌の検出だけでは性器カンジダ症とは言いません。
 
●性器カンジダ症は男性に症状がでるのは少ないと言われています。

●カンジダ菌はもともと多くの人が体内に持っている菌です。
 性行為による感染もありますが
 体調をくずしたり、ストレス、妊娠・抗生剤の投与など
 さまざまなきっかけで症状を引き起こします。

●カンジダ菌とは真菌、カビの一種です。

●性行為による感染とは限らず
 もともと体内にあった菌での自己感染
 出産時の産道感染もあります。


【性器カンジダ症の症状】
男性はまれに尿道炎・亀頭包皮炎・
亀頭のかゆみやただれ。

女性は膣と外陰部に同時に症状がでることが多く
外陰膣ガンジダ症と言われます。
・外陰部や膣のかゆみ
・ヨーグルト状のおりものの増加
・性器の炎症(灼熱感、痛み)
・性交痛、排尿障害

性器カンジダ症は風邪・疲労・ストレスなどで免疫力が低下したり
ステロイド剤・抗生物質の乱用や妊娠などで
症状がでることもあります。
少数ですが再発を繰り返す場合もあります。

 ↑↑身に覚えのある方は
  今すぐトリコモナス・カンジダを自宅で検査↑↑

■検査方法:膣分泌液検査(匿名検査可能)

■検査内容:トリコモナス・カンジダ・クラジミア・淋菌  

■金額 6,720円(税込み) 
 
 送料 無料有り(定形外郵便のみ)
    宅配便利用の場合は送料発生




<関連検査>
トリコモナス・カンジダ・クラミジア・淋菌・HIV(エイズ)検査

トリコモナス・カンジダ・クラミジア・淋菌・HIV(エイズ)・梅毒検査


▼5%O贈贈 送料無料▼
お得な自宅検査セット商品




posted by torizo at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | トリコモナス・カンジダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。